読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Record box

自分が触れたことの感想や記録置場。 大体ゲームとまんがと時々映画や舞台。

舞台戦国無双~関ヶ原の章~

舞台

只今某月額制のアニメチャンネル?の様な所で2.5まつりなるものをやっておりまして。そこで無双の関ヶ原の章が期間限定配信されており、見れました。1回だけじゃもったいないので、2回以上は見たいなと思いました。以下、折りたたみます。楽しかったです^^

 

キャラクターが多く、いくつものエピソードを語りながら進んでいくみたいなスタイル(分かりずらいたとえ;)なので悪く言うとぶつ切りとも言えなくもないんですが、見せ方が上手なのかな?ストレス感じる事なく理解できないって事もなく見れました。

主役は真田幸村関ヶ原の戦いがおこる前後のエピソードを各武将たちが思い振り返りながら進んでいく感じで、ここは四国遠征の章も同じでしたのですんなりと溶け込めました。

振り返る際の時間の流れみたいなものの演出が謎の法師どのが表れて踊って行かれる所も2作目のと同じだったんだな~って言うのが分かってこれが無双の舞台のスタイルになっているのかな?と思いました。個人的には話がこんがらからなければ大丈夫なので気にならないし謎めいた感じでいいなって^^

 

役者さんはご存じない方が多く;;(自分が舞台俳優さんに興味を持って日が浅いせいもある)どんな演技なさるのかな~とソワソワしてみましたが皆さんの熱量やっぱりすごい。生で見たらもっと凄いんだろうな~というのは配信やライブビューイングで見るたびに思う事です。

声のみの出演でしたが、武田信玄があの…!あの方でうわぁぁ重厚感!!!でした。真田の兄弟が敵味方になってしまうんですけど、そこのあたりの兄上の葛藤とか…

伊達と上杉の攻防とか、三成を中心として周りの慕う武将たちとの思い。徳川と豊臣、太平の世を築くと言う同じ目的なのに誰がそれを引っ張っていくのかで争っちゃう。そこに巻き込まれていく武将たちの想いと無念さと色々。

ラスト付近から桜の花びらが舞台全体に散って、その中でそれぞれの思いをぶつけながら戦う彼らが非常に美しかったです。

 

この武将さんはここで亡くなられるんだっていうのはもう分かっているからこそ、何だか辛いなぁって。もし、ifの世界があったらどうなっていたんだろうなぁ?なんて思ったりもして。潔く死ぬって、すごい事ですよね。昔の方の考え方と行動にヘタレな私はいつもひっくり返りそうになります。

ほんの少し昔の、日本で実際にあった事なんだなぁって考えるとしみじみしてしまいます。

衣裳も華やかだからか、凄く映えてたし殺陣も多かったし楽しく見れました。

関ヶ原と四国+豊臣のお話と続いたので次あるとしたらどこら辺なのかなぁ?個人的に毛利親子が好きなもんでして、出てきてくれたらいいなぁ…

舞台見てから無双4をちまちまプレイしているんですが、半兵衛がいなかったのがもったいないなぁ~って。官兵衛と毛利親子いたら半兵衛も!って言う気持ちがゲームプレイしてようやく分かりました。次は官兵衛半兵衛いっしょにいるといいね!